2013年12月24日

「再生可能・自然エネルギー」に関する【全道アンケート調査】を準備中・・・!

特定非営利活動(NPO)法人「北海道地域政策調査会(理事長:川村芳喜)」では、2011年3月11日の東日本大震災、東電福島第1原発事故が起こった直後から、道内の再生可能・自然エネルギーの開発の現状と今後の課題などについて、会員により、道内はもとより、道外の先進的な取り組みを行っている現地に赴いて調査を行い、国政や道政に対して、政策提言、調査結果の報告を行ってきました。

※提言・調査の内容などは、当法人の『ホームページ(「地域政調」で検索)』(http://regional-policy.sakura.ne.jp/)の「政策調査プロジェクト」のコーナーに、『"北海道の再生可能・自然エネルギー"その開発の現状と今後の課題等について』として、リンクさせています。

この度、あらためても、再生可能・自然エネルギーを積極的に活用することの重要さに鑑み、北海道の自立を促すエネルギー政策のあり方に関して、その見直し・検討の基礎資料として、道内における再生可能・自然エネルギーの最新の現状把握、課題、今後の計画予定や要望・意見など、道内179市町村を対象にした「全道アンケート調査」を行い、問題点などを集約することとしました。

年末から新年へ、多忙になりますが、道内の各自治体関係者のご理解とご協力を戴いて、「調査報告書」に取りまとめて行きます。

なお、作成した「調査報告書」は、当法人の『ホームページ(「地域政調」で検索)』(http://regional-policy.sakura.ne.jp/)の「政策調査プロジェクト」のコーナーにリンクさせる予定です。

その節は、是非、ご覧ください
posted by 地域政調 at 20:53| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。